一定期間更新がないため広告を表示しています

イントロだけで十分感傷に浸れてしまう楽曲達。

本当はthat dog / until the day I die も入れたかったけど

youtubeになかったので割愛。


bodyjar / clean slate

http://www.youtube.com/watch?v=AX_I53_GSUE


face to face / so long

http://www.youtube.com/watch?v=RrVAiMIxvTA


starmarket / parking lot

http://www.youtube.com/watch?v=saGDHw0QCMs


lucero/ when you decided to leave

http://www.youtube.com/watch?v=_bwQLc4aH8I


mock orange / goodnight reddick

http://www.youtube.com/watch?v=siMwD-Cn0FI


改めて聴いてみると、最初だけでなくて最後も良いんだよね。

この中で唯一ライブで聴けたのがLucero。

Skate & Surf festの会場で雨が降る中、Benが一人で

熱唱していました。


mock orangeの曲をアップしている中にジャケットではなく

この画像が使われていたんだけど、凄く良くわかる。

何故だかは説明出来ないんだけど。


音楽のスタイルは色々あるべきだと思うし、今の音楽に否定的な

訳ではないけど、もうちょっと聴き手に何か考えたりさせるような

ゆとりや余裕を持たせてくれるような楽曲だったら良いのになとは

思う。


モッシュがパンクやハードコアとはつながりのない音楽でも起こるような

今となっては、お客さんが求めているのはそういう感傷的なことよりも

気分良く乗れる要素かもしれないし、バンドもその為に楽曲を練らないと

いけないのかもしれないですね。まあ、お客さんがノリノリだと気分

上がるよね。


ただ、個人的にはモッシュなくても全然気にならないです。

やっぱりメロディーのあるものをやっているので、

わーっと暴れられるよりも初めて聴いた人が

頷きながら乗ってくれていると嬉しい。

(そこまで盛り上がるバンドじゃないけど!)


やっぱり年を取りましたね。

日曜日のライブ、お待ちしています!