一定期間更新がないため広告を表示しています

6/23でHopeless Dewと共に

レコ発となるFreeganについても書きたいと思います。


Freeganはこの人達。

ザ・野生。


最初対バンは今は亡きClub 24 West。

upstairsのリリースツアーのサポートということで

ウキウキで行ったら野暮ったいのに会いました。


初対面だったけど、あのBassがガンガンくるんだよね。

「リハ終ったら、うどん食べに行きましょうよ」

と若いバンドから誘われたのなんて初めてでした。


メンバーはまだ20代前半らしいのですが、おっさん連中が

喜ぶ楽曲センスを持っているんですよ。楽器は練習すれば

何とかなるのですが、このセンスというのはほんとどうしようもない。

Punkとかだけでなく、色々と音楽を聴いてるように思えます。


Lights From The Gutter Vol.3

3バンド全21曲収録!


この間VDがsplitでご一緒したイタリアのColin Farrellあたりも近いかな。

Big Wigが好きみたいなんだけど、あんなに粗野な感じでもなく、もうちょっと

柔軟な感じです。タイガ君がTreadmillsをやっているのも全く違和感がない。


何度か対バンしたのも関わらず、前のDr君に「君だーれ?」って聞いてしまったり、

今のDrさんとあまり面識なかったり、うちのDrが「あいつら、絶対性格悪いな」

と発言するなどDr絡みでまだまだ溝は埋まらないのですが、

今後も大人の対応をしていきたいなと思います。


splitはこちらで聴けます。thirsty vision,nofootもオススメ。

http://lightsfromtheguttervol3.bandcamp.com/


Official homepage

http://tosp.co.jp/i.asp?I=freegan_dick