一定期間更新がないため広告を表示しています



Donots好きなのですが、

この曲の最初に使われているセリフって

back to the futureからだったと最近気付きました。


この曲、とても好きです。


Donots/Outshine The World



https://www.youtube.com/watch?v=fVfZqzjLe3s


そんな訳でおよそ1年ぶりにblog更新してみましたよ。

今年もどうぞよろしく。


休みにマネーボール観てきました。

実はブラッド・ピット好きだし、この人の

映画はほぼ外れなし。個人的には。

年々ロバート・レッドフォードに似てきませんか?


ついこの間の話がテーマになっているから、選手も

良く知っているので面白かった。スカウトとのMTG場面では

選手リストの中に長谷川滋利さんの名前も載っていたそうですよ。


ジアンビやデイモンの移籍、

当然資金のあるチームに戦力が集まる。

その中で試合の勝ち方を別の角度で見て、

限りのある資金の中で勝てるチーム編成をする。


GMとしては手腕の見せ所ですよね。そしてそれを

実際にやってみた訳ですし。


結果が出た後高額の給料にも心を動かさずに

あくまでA'sに拘った姿勢も素晴らしいなと思いました。


己の信念を貫き通す姿勢にも感銘を受けましたが、

ビリー・ビーンの娘さんが歌った歌詞の中にある

"just enjoy the show"という言葉にも思う事がありました。


最近仕事楽しんでいたかと問われたら、僕もそうでなかった

かもしれない。まあ、この場合は仕事というよりも人生と

捉えた方が良いのか。


今年最後はミッションインポッシブルにしようと予定してましたが

この作品で締めようかななんて思ってしまいました。

それぐらい今年自分が考えたこと/思ったこととリンクしていた

訳です。


ピットさん、良いお仕事っぷりでした。

次作も期待しています。 

3本立て続けに観ました。


1.mighty thor


2.x-men first generation


3.adjustment 


この順番は間違っていなかった。

1.2はマーベルコミックでしたね。

もう映画ぐらい何も考えず楽しく観たい、

そんな気持ちでこの2つだったと

思います。実際楽しかったし。


3は個人的に安心のマット・デイモン主演作。

どういう訳かこの人の映画は見終わった後、

ほっとするんだよね。


大体誠実な人物を演じているからですかね?

今回もそんな感じです。めでたし、めでたし。


来週はこちらも安心のブラッド・ピット主演作。

野球ものとなれば楽しめないはずがない。


今年の年末に向けて購入予定のDVDは

世界最速のインディアン

マイ・プライベート・アイダホ

オー・ブラザー

サイダー・ハウス・ルール

パルプ・フィクション


TVで放送されたのを持ってたりはするんだけど

やっぱり正規のDVDで買いたい。


真田太平記が12月ぐらいで読み終わるので

年末は人斬り半次郎を2冊読んで、池波作品は

終了としようかと思う。残りはまた今度。

1年区切りが良いかなと。


来年はいよいよ山本周五郎をずらーっと行きますか!

 

セガール先生、保安官代理に就任。

しかも、メキシコとの国境付近なんて最前に

身を投じるあたりがさすがです。


http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111017/ent11101715550013-n1.htm


「エクスペンダブルズに乗り遅れて、おっさん絶賛大後悔中だぜ」

なんて思ってたらやられましたよ。さすがです。


http://www.youtube.com/watch?v=nkskuSXqUD0

セガール走る


無事を祈る。


 

true gritが楽しみなコーエン兄弟作品。

先にa serious manを観てきました。


平凡な中年男性に様々な災難がという

話だったのでドタバタした非喜劇的な物を

想像していたんだけど、ユダヤ人の文化を

理解してないと笑えない発想もあったので

少々難しかった。


家でno country for old manを観て思い出したけど、

この方々の作品って救いのないオチでしたよね…。


来週末は休みなしということでDVDを借りてきました。

Inception

lie to me season1 1/2


後輩から勧められたInceptionですが確かに発想も面白かったし、

映像もよかった(部屋のTV小さいので半減)けど、やっぱり

ディカプリオが苦手だと分かった。何故だか、この人が出ると

途中で観る気がなくなる…。


Lie to meはTim RothのTVドラマですが、Tim Rothは

こんなに早々とこっちに行ってよかったのか?犯罪に絡む嘘を

見抜くという話ですが、真に受け易い自分にはちょっと。


会話中の仕草とかで相手の心理を読むのですが、あんまり

こういうことが分かり過ぎるって嫌だなと思いました。どこまでが

事実でやっているかは分かりませんけどね。


やっぱり頭悪いのかも。

もうちょっとシンプルな方が楽しめます。

今週届くexpendablesのDVDが最高に楽しみです。


春物の準備もばっちりだ!

昨日こんなTシャツを見つけて直ぐに注文した。



Charlie Sheenだよ。マドラスモデーロ。

今年の勝負Tシャツ決定。


 

平日休みを利用して行ってきました。

感想については観る人の価値観によって

全然違うと思いました。


正直、感動の作品とは言えないと思う。

映画を観て、感涙したいと思う人は

ちょっと違う。


人間は生まれでた瞬間から死に向かって歩み始める。

これは池波正太郎さんの言葉ですけどこれを読んで

ただ暗くなるか、それともこの後どう生きようかと

考えられるか。違いは大きいと思います。


何かそういうことを思ってしまう作品でした。


今週末はSerious Manを観に行く。

その後はTrue Grit,Somewhereあたりを。



祝Cake、Fuji Rock出演!

新作は過去の作品に比べるとちょっと

平坦な感じしましたけどマストであることは

間違いないです。


今年は仕事で行けるかな?



来週はThe Gaslight Anthem来日!

3/10 梅田Shangri-La

3/12 原宿Astro Hall


こんな良いバンドを観ないなんて信じられない!!



TAMASONIC!!

http://www.beerholerecorz.com/tamasonic/


 *スタローンが暴露、ヴァンダムは「ジェットリーに負けたくなかった」*


この記事でライン引くところは、


「セガールとヴァン・ダムにはその辺のブラックユーモアが通じなかった」

「続編があれば、2人共ちゃっかり出演しているかもしれない」


http://www.hollywood-ch.com/news/10081806.html?cut_page=1


「自分が勝たなきゃイヤ」なんて、ごっこ遊びする子供と同レベル。

セガールについては絶対そうだろうと思ってた。


でも、ちゃっかり出演してくれること希望。

馬鹿馬鹿しさ(褒め言葉)、B級感(褒め言葉)倍増。


セガール:謎のアジアの秘薬か祈祷関係が絡む

 

ヴァンダム:全然必要性のない開脚アクション


+絶対負けない(ここは結局譲らない)


これが出演条件だろうな。

スタローン、後は頼んだぜ。


何なら全員見せ場ありの4時間超大作でもかまわない。


 

プロモーション頑張ってるし、初日混みそうだな

と思ってたけど行っちゃったよ、初日の初回。


話を聞いた時から期待しかなかったけど、

期待を上回りましたね。さらにアクション映画で

ありがちな『戦友の死』まで予想したのに、

完全に予想外でした。


スタローンがスタント頑張ってました。

あれは凄い。


ドルフラングレンもよかったよなー。

断ったヴァンダムは今頃後悔してるでしょうね。


見終わった後、爽快でした。

なんだか中学ぐらいに戻った気分。


エンディングでThe Boys are Back In Townは

良い選曲。これでかなり浸れました。


終わりの雰囲気に凄くあってたんですよ。

ひさしぶりに映画で終わるのを寂しく思いました。

同時に続くなという期待を持たせる感じ...。


でもね、続いて長渕が







「我慢がならねえ!!」








台無しです。

これをねじ込んだ担当のセンス疑います。


終始格好良さが時代錯誤で微笑ましいですが

これは是非とも観て欲しいです。


エクスペンダブルズ、最高でした。


 

ロバート・デュヴァルに引かれて予約録画した映画。

いやー、これよかった。史上最速のインディアンに匹敵する

じいさんムービー。(もう1つ近いのがあるんだけど、

タイトルが...。)


邦題だと『ウォルター少年と、夏の休日』でしたが、

Secondhand Lionsの方がぴったりくるね。

映画に出てくるライオンとじいさん二人の生き様。


人間は生まれたと同時に死へのカウントダウンが始まると

言いますが、物事には終わりがあるからこそ美しいし、

価値もある。


二人は最後まで自分達らしくて、泣き笑いさせてくれます。


 

観たよ、A Team。

あれと比較したら楽しめないです。


でも、これはこれで痛快で良かった。

続編あれば観に行きますよ。


次はtrouble in hollywoodかな?