一定期間更新がないため広告を表示しています

イントロだけで十分感傷に浸れてしまう楽曲達。

本当はthat dog / until the day I die も入れたかったけど

youtubeになかったので割愛。


bodyjar / clean slate

http://www.youtube.com/watch?v=AX_I53_GSUE


face to face / so long

http://www.youtube.com/watch?v=RrVAiMIxvTA


starmarket / parking lot

http://www.youtube.com/watch?v=saGDHw0QCMs


lucero/ when you decided to leave

http://www.youtube.com/watch?v=_bwQLc4aH8I


mock orange / goodnight reddick

http://www.youtube.com/watch?v=siMwD-Cn0FI


改めて聴いてみると、最初だけでなくて最後も良いんだよね。

この中で唯一ライブで聴けたのがLucero。

Skate & Surf festの会場で雨が降る中、Benが一人で

熱唱していました。


mock orangeの曲をアップしている中にジャケットではなく

この画像が使われていたんだけど、凄く良くわかる。

何故だかは説明出来ないんだけど。


音楽のスタイルは色々あるべきだと思うし、今の音楽に否定的な

訳ではないけど、もうちょっと聴き手に何か考えたりさせるような

ゆとりや余裕を持たせてくれるような楽曲だったら良いのになとは

思う。


モッシュがパンクやハードコアとはつながりのない音楽でも起こるような

今となっては、お客さんが求めているのはそういう感傷的なことよりも

気分良く乗れる要素かもしれないし、バンドもその為に楽曲を練らないと

いけないのかもしれないですね。まあ、お客さんがノリノリだと気分

上がるよね。


ただ、個人的にはモッシュなくても全然気にならないです。

やっぱりメロディーのあるものをやっているので、

わーっと暴れられるよりも初めて聴いた人が

頷きながら乗ってくれていると嬉しい。

(そこまで盛り上がるバンドじゃないけど!)


やっぱり年を取りましたね。

日曜日のライブ、お待ちしています!

6/1Neutralのレコ発(hopeless dewは次回6/23で書く)

ということでNeutralについて思う事を書く。


Neutralはこんな人達。


今時こんなにバンドのマーチャン着てライブやるバンドなんて

いないでしょう?でも、ああいう音が隆盛を極めた頃は影響受けた

連中はみんなそうだったんですよ。(自分も含む)


着ているマーチャンでどういうバンドか想像する。

大体CDの裏表紙はアー写とかライブ写真だったので、

「お、このバンドはlagwagon系なのか?」みたいな

感じで家帰って聴くまでは妄想タイム。


そう、僕らがこういう音楽を聴き始めた頃は

ネットで試聴なんてあるわけなくて、むしろそれが故に

バンドへの愛着も強かったかもしれません。


Fatなんて大体アルバム出す前に7inchでシングル出していたから、

新しいバンドと契約した時は興奮状態で針を落とす訳です。


というような状況を同じように味わって来たのがNeutralなんですけど、

いつまで経っても音楽性を変えないとか、僕らVDが親近感湧かない

訳がない。後は知ってる限りでは、最近聴いている音楽は「bad religionと

pennywise」でおなじみのEngraveか京都のScreamぐらいかな?


The Third Compromise


今回はベースの服部君が自分でRecやったそうです。DIY。

最近は若いバンド達が自分のバンドや他のバンドのプロデュースやったりしてますが、

ああいう器用なノリとは違うと思う。家族や仕事も大切なので、

限られた時間で調整してrecするためのミドルエイジスタイルです。


ギリギリまでマスタリングで上げられた音圧きつめよりも

これぐらい気持に余裕をもたせてくれる方がありがたい。

最近の音楽はあれこれ鳴り過ぎて考える余裕も与えてくれないし。

これってファミコンと今のゲーム機ぐらい違いがあると思う(褒め言葉)


前半は今後ライブの盛り上がり所になるのは間違いないForestなどバリバリメロコア、

しかし後半になると大分遊び心の出てくる感じが伊達に長くやってないなと思わされてしまった。

fALLとかね。audioleafで聴いてて、「これって空耳なのか」と不思議に思っていたMountain 

Pearも歌詞カード見て納得。


ああ、ここあのバンドを意識したなと思うフレーズも満載で

好きな物は好きとはっきり言える清さもバンドの良さなんだろう。


僕が大好きなmxpxやdescendents,ramonesなんかは少々味付けが

違う程度で基本はずっと同じ音楽性でやっている。過度な進化をする

必要がなくて初期衝動だけが唸り続けているんだと思う。


Neutralもそういうバンドで、音楽性だけでなくて取り組み方やスタンスまで

ずっと変わらずにやって来れている。バンドの活動方針はそれぞれ違うし、

目標も当然違うけれども、楽しむことを目標にするならばそれを掴むことに

成功したバンドであると思う。


そんな訳で6/1はまず彼らのリリースをお祝いしたい。

お時間のある方や昔はバンドやってたけど今は仕事で辞めちゃったという

諸兄はほぼ中年達のバンドの楽しみ方をお見せ出来ると思うので

是非お越し下さい。


ライブ前に新作をチェック。気になる方は今すぐPVチェック↓


Forest

http://www.youtube.com/watch?v=iUZkIm_3QFU&feature=channel&list=UL


The Key to Myself

http://www.youtube.com/watch?v=yHU_pSKksWI


Take Back Jessica

http://www.youtube.com/watch?v=BfglDy0iw1E


Official HP

http://www.neutralrock.com/


待ってます!


New Liars Club

http://www.facebook.com/NewLiarsClub


VoThe TankKen,

BGameface/The TankGuy,

DrGameface/Brown Lobster TankSteve…


曲も昔のThe Tank寄り。4曲DL出来ますよ。


そして、


R6i

http://www.facebook.com/pages/R6i/108622919223795

Kenはこちらでもvoやってます。

他のメンバーはTen Foot PoleのChris,PulleyのJim,Adolescentsの

MandoそしてStrung OutのRobだそうです。


現在rec中らしいです。やはりこっちはもっとメタリックか?

Kenはやっぱり良いvoなのでみんな一緒にやりたいだろうな。


こういう人達を西海岸系なんて言っていたのも今は昔か。

今時pop punkに比べると若い人にはどんな風に聴こえるんでしょ?


おっさん達、頑張れ!


Lost In Society

Vans Musicで紹介されてました。

今年のWarped Tourに出演するそうです。

http://vansmusic.tumblr.com/


NJということでR&Rな雰囲気もありますが、

声が完全にDescendentsMiloですね。

やっぱり自分も歌いますんで声が気になりますね。


そんな訳で2010にリリースされた作品を早速

注文しました。今年はbouncing soulsのメンバー

プロデュースで新作をリリースするみたいですね。


http://youtu.be/_P33yRXkX2U



2/11のフライヤーが完成しました!

時間合う方、是非お越し下さいね。 

初めが感じだよね、何でも。

今年の目標は『早起き』です。

家に帰ってやることを会社に行く前に

幾つかこなしておくと、また別のことが

やれる時間が出来る。


ただ、まあ眠いです。

この生活が身に付くのはどれぐらいかかるのか?


Your Favorite Trainwreck/The Brilliance

今年最初に届いた音源はこれ。ドイツのレーベル

からリリースされた10"です。ここに収録されている

"The Reason Why You Sang"が最高に良い。

アコースティックなのでバンドサウンドで聴けるのが

待ち遠しい。タイトルだけでグッと来ますよね?

JeffさんとPopeyeのツインVoが素晴らしい。

表現乏しくてすみません。


今年はlifetimeも新作をリリースするらしいですね。

前作の延長だと良いな。あ、Knov社長はこれにtributeの

リリース合わせるつもりかな?


去年は結構CD買ったけどずっと聴き込むほどの作品は

少なかったから、あんまりあれこれ手を出さずに吟味しようかと

思います。

 

バンド頑張るよ。


Banner Pilot/Heart Beats Pacific

先日ようやく届きましたよ。やっぱり良いね。

前みたいなヤサグレ感は減って、よりキャッチーに

なったと思う。ギターもベースもガシガシ弾いている

感じが好きです。明るくなったのかな?3,4,5の並びは

最高だと思う。


うーん、親近感湧くな。


あとはrun kid runとfranky leeで今年は終了かな?


バンドもいよいよ大詰めです。

今週日曜日を含め、残り2本!


ほりさんpre 

OLD FASHION vol.4.9

11/20(sun) at 方南町mod studio

AIGHT(札幌

Limit3

NO-LOOK-PASS 

VELOCITY 

VALVE DRIVE 

OPEN 17:00 START 17:30 

¥500

http://modhounan.com/


バンド楽しいよ。みんなもやったらいい。

もう来年のライブの話も幾つか来ているので

凄く幸せです。ありがとう。 


今年の自分へのxmas プレゼントはこれだな。

あとついでにmp3の入ったusbも注文しよう。


http://www.youtube.com/watch?v=eQyiNbiS9bU


12/1リリースだそうです。

年末まで開封しない。 

今週は英語休みなので朝からmoney ball

観に行こうと思ってます。


そして、その日親愛なるHopeless Dew

Solanaxが音楽館でそれぞれ企画をやるらしい。

久しく会ってないから挨拶に行きますかね?

この間お世話になったfreeganもいるしさ。


Hopeless Dew側のトロピカルスタジオが

メロディックでSolanax側のフェニックススタジオが

ポップパンクって感じです。


BOTはあそこでDJやるの??

両者共に次回やる時は教えて。

同じ日にさらに小さいスタジオで

うちとSentimentalの2マンやるから/笑


以下詳細です。

see ya in the pit...


11/12(sat)高田馬場音楽館


at トロピカルスタジオ 

LAST RESORT & Hopeless Dew presents. 


OPEN & START 17:00 

TICKET / ALL ¥500 


ACT. 

LAST RESORT 

Hopeless Dew 

BETTER OFF TODAY 

Halfway there 

FREEGAN 

HOW 


BETTER OFF TODAY DJ CREW 



at フェニックススタジオ

 The Hum Hums×Solanax pre.

[DO THE LIE LIE]


OPEN  17:30 / START 18:00 

TICKET / ALL ¥500 


Solanax

The Hum Hums

Pelotan

Mainspring

POLTA

theSecondBags(宮城+秋田)



Samiam/Trips

実は前作があまり響かなかったので新曲が

ストリーミングされるまで完全ノーマークでした。

本当に良い作品ですよ、これ。


おっさん、また思い出迷子かよと言われてしまえば

それまでなんですけどね。でも、最近の音楽って

メロディーはあるけどキャッチーではないかなと

思います。


一度聴いてすぐ口ずさめるようなメロディーは

三十路は好きなんですよ。だって、昔から聴かれている

音楽はみんなそうでしょ?


ドラマティックな展開といってごちゃごちゃしたって

そんなの独りよがりかなと思うし、やっぱりどんな

時でも聴けるような音楽は良い音楽だと思ってしまう

訳ですよ。


今朝聴きながら出勤しましたけど、これはどちらかと

言えば夜向きかもしれないな。仕事帰りで疲れた体に

じんわりと染みてくる。アップ・テンポの曲も多いですが、

終盤はぐっとテンポを落として終って行くので徐々に

クールダウンしていく感じが気持ち良かったです。


ダレるというのとはちょっと違います。

最後のひとつ手前で疾走感ある曲があるのですが

そのメロディーがね、なんと言うか終わりを告げている。


これと真田太平記で秋の夜長を楽しみます。

ありがとう!


この作品は間違いなく今年のベスト5に入りそうです。

年末に向けて楽しみなのはPentimentoBANNER PILOT!!


久しぶりにオークションで良い物を発見。

1つは無事落札。もう1つが来週の頭。お願いします。。


ここのところ、お誘いがあんまりなかったので

そろそろまた自分達で定期的にスタジオライブかなと

思っていましたら、年末に向かって続けてお誘いを

頂きました。ありがとうございます。


これ決まったら今年のライブはおしまい。

年間7本?もう十分過ぎるのではないかと。


女子サッカー、偉業達成おめでとうございます。

no guts no gloryでしたね。人生、ガッツは必要です。


Fireworks/Gospel

頂き物です。ありがとう、バーガーボーイ

前作はライナー書かせて頂いたんですが、

今作の方が良いね。何か昔のメロコアっぽい

感じもした。


最近のpop punkに良くあるビートダウンって

いうのフロアとかをつかったブレイク?あれが

実は苦手でして、メロディーがしっかりしていて

好感持てました。


#8 life is killing meとか展開も好きです。展開を

読めないのも良いですが、やっぱりライブバンドは

ちょっと先を読めるぐらいの方がお客さん的にも

良いと思う。


ミックスも歌が推している感じがしますね。

ライブでどこまでやれるのか。期待です。


なんかメンバーさんもいいよね、なんか。

アートワークも好きでした。本を読んでそうな

感じだよね。



Living With Lions/Holy Shit

これはちゃんと買いましたよ。

vo変わったということですが、選んだのか

同じような声色だし違和感なし。


タイトルがあれなんで色々と問題になったとの

ことでしが、中のアートワークが酷い…。


#2のregret songとかちょっと泣きを加えた曲が

このバンドの良さですかね。前作と大きな変化は

ないものの、やっぱり良いです。


粗野なんだけど暖かみのある男って感じでしょうか?

音楽も人間も小手先/口先三寸で渡り歩くような連中よりも

真っ正面から突撃するような輩がやっぱり好きです。


このバンドの速い曲って泣きが増すんだよね。

そういう感情に程よい疾走感といいますか。


ま、アートワークについては度が過ぎましたね。

大人がうxこ、うxこと騒いじゃいけません/笑


当分この2作を聴いて現在のpop punkを勉強したいと

思います。実はset your goalsもwonder yearsもまだ

聴けてないんだな。


strung outも今週には届いてしまう。まいったなあ。

aol.comで試聴出来るので今聴いてるんですけど、

やっぱりかっこいい。しかし、何故にRotten Apple

入れなかったのか!?Jasonの声は卑怯だよな。

http://music.aol.com/new-releases-full-cds#/3


帰宅後は読書か勉強で音楽鑑賞の時間がない。

パンクばっかりでたまにはお洒落な音楽でも

レビューしてみたいもんですね。


8/27は企画ありますのでよろしくどうぞ!